即日融資

即日融資で行われる審査内容

即日融資を受けるのに、絶対にクリアすべき関門になるのが審査です。

 

債権者に返済能力があるのかを明らかにする事が狙いです。借り入れ金額が数万円だとしても借入審査を通らない限りお金を借りることができないので、非常に重要な関門であるといえますね。

 

このパートでは疑問も多いキャッシング審査についておおまかに解説をします。

 

大半のキャッシングの場合、スコアリング審査という方式で申込者の信用力(返済力)を判断します。

 

スコアリング審査って何?
申込者の年齢・職業・年収・住宅環境(持ち家、賃貸)という属性情報を数値化(スコア化)した結果を今までの顧客情報が記録されたデータを参照し、融資しても問題ない人物かを判断するものです。
このスコアリングを導入したことで最短で30分後には回答が出る圧倒的な時短への貢献と、審査基準の平準化に貢献し結果的にキャッシングの利便性も向上しました。

 

このスコアリングに無事に通過すると、次は他社からのキャッシング状況をチェックされます。

 

信用情報が記載されたデータをCICやJICCから閲覧して、現在どれだけの借り入れ状況なのか、今までのローン契約における返済トラブルの有無をチェックします。また、総量規制の対象内になっていないかをチェックすると言う狙いも同時にあります。

 

総量規制って何?
融資額の上限(自分の年収の3分の1以上はダメ!)を定めた法律で、多重債務者を抑制するこの法律の目的です。

 

ただし、この総量規制の対象となる項目は、信販会社と消費者金融からのキャッシングに限られます。貸金業法と関係が無い「住宅や車のローン」「クレジットカードのショッピング額」などは対象外として無視されます。

 

あくまで貸金業法の中の法律なので、銀行からの融資に関しては無関係となります。

 

こうした審査に通過すると最後のハードル「在籍確認」が行われます。在籍確認というものは、本当に申込者が申請した会社に籍を置いているのかを金融会社が実際に電話をして確認するものです。

 

必ず金融会社名ではなく、個人の苗字を名乗って電話がかかってくるのでキャッシングをした事がばれるような危険はありません。

 

この電話のタイミングで休憩時間などで会社に居なかったとしても、実際に会社に在籍していることが分かればそれで完了です。このような審査をパスすれば借り入れを行うことができます。

 

キャッシングを申し込んだ会社によっては多少違う点もありますが、大概このように審査が進められます。頭の片隅に入れておけばお金のピンチを助けてくれますよ。

即日融資よりも大切な返済の知識

お金を借りる手続きは比較的簡単にできますが、肝心なのは返済です。後で困ったことにならないように、返済に関しての基本的な情報を身につけましょう。

 

キャッシングを受け付けてる大手金融機関の多くで、銀行からの引き落としやATMの入金での返済方法が選べることが一般的です。どのやり方で返すにしろ毎月定められた返済日に約束の最低返済額を入金する必要があります。

 

ここまではたいていの方がご存じなのではないでしょうか。ところが支払い総額を抑えるために、繰り上げ返済ができることについて知らない人は意外と多いです。

 

たとえ少額ずつでも元金を減らせばその分かかる利息の額を減らす効果があるんです。普通はほとんどのキャッシング業者で繰上げ返済に対応しています。

 

しかし、繰上げ返済をするには基本的にATMからの返済だけというところが大半なので、そこは注意が必要です。

 

また、その際に確認しておきたいのが振込み手数料です。この点に関してはキャッシング会社によって異なる部分ですから、公式サイトなどで調べておくと良いでしょう。

 

もし返済日に入金できなかったらどうなる?

返済が遅れたら、たちまち怖い取り立て屋が自宅や職場に押し寄せるのではないか…と不安に思う人もいるようですが、ちゃんと法律を守ってキャッシングをしている会社の場合それはありません。

 

はじめはキャッシング業者のサービスセンターより確認の電話連絡があります。
「入金が確認できなかったため、ご連絡差し上げました。」というような、丁寧な感じでかかってくるので、やたらに怖れることはありません。とは言え、この電話に出ないと、連絡がつくまでずっと掛かってきます。

 

何度も連絡しても電話に出ない場合、今度は勤務先の方に電話がきたり、自宅へ催促状が届いたりします。

 

こうなるより先に、もし返済が苦しい場合こちらから返済スケジュールの相談をしましょう。業者側も貸付金の回収ができなくなるのは避けたいので、きちんと返すつもりなのを認められれば話を聞いてくれる場合もあります。

 

何日か遅れたくらいならば重大な事態に陥ることはありませんが、遅延損害金が発生する事は知っておきましょう。多くのキャッシングでは、年率20.0%で計算された額が返済予定日から遅れた分だけ日割りで加算されます。

 

ですがこの滞納が2〜3ヶ月以上になると一般的に信用情報機関で金融事故として登録されてしまいます。その事故情報がいわゆるブラックリストです。

 

こうした事故情報がある状態では、各種ローンは信用情報を元にするので、新しく組むことは非常に難しくなります。

 

さらに、クレジットカード発行の際にも審査で信用情報機関のデータを確認するため、クレジットカードの新規発行はまず無理です。事故情報がどのくらいの期間残るかについては、それぞれの信用情報機関にもよりますが返済の遅延なら5年程度です。

 

ここまで返済についての基本的知識を解説してきましたが、すべてキャッシングでお金を借りる際に非常に重要となるポイントばかりです。

 

中でも返済が遅れた場合にどうなるのかについては必須の知識と言えます。

 

良く知られているキャッシング会社なら、TVやマンガのようなヤクザまがいの取り立てはないですが、とは言えやはり気分がいいものではありません。そんなことにならないように、計画的な借入れが大切です。